<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

初めての飛行機撮影。

d0130493_1381667.jpg
PENTAX K-7 / PENTAX Super-Takumar 135mm F2.5 / Daylight
d0130493_1394348.jpg
PENTAX K-7 / PENTAX DA16-45mm F4 ED / Daylight

K-7を手にしてからの週末の天気は散々なもので、それならと20時半過ぎに出発、パシパシッと撮って帰ってきました。JPEGで撮り、クレジットを入力したくらいで特に何の修正も加えていませんが、機体後部が緑かぶりするあたり、フィルムライクでいいなぁ~と感じました。当時はいかにして緑かぶりを抑えるか苦労したものですが、今やフィルムのときに悩まされた緑かぶりを喜んでいるという。なんともおかしなもんです(笑)

解像度が・・・とかノイズが・・・との声もあるようですが、シャープネスもノイズもこれで十分です。逆に、もう少しざらついているほうがいいかも。この2枚はISO100で撮りましたが、今度は400くらいで撮ってみよう。
[PR]

by blue_skyways | 2009-07-26 01:48

K-7で撮る空の色。

d0130493_205379.jpg
PENTAX K-7 / PENTAX DA16-45mm F4 ED / WB=CTE (color temperature enhancement)


・・・というわけで。たぶん1ヶ月はこないだろうと高を括っていたのですが、なんと4日で連絡が来てしまいました。試しにここ数日の空をベランダから撮ってみたのですが、JPEG撮って出し+レベル補正のみでこんな感じに。5年間の進化には驚くべきものがあります。下の記事のように、カラーバランスをいじって、トーンカーブで補正して・・・を想定していたのですが、取りこし苦労でした(笑)

この真ん中の写真の後、雷とバケツひっくり返したような雨が数時間続きました。天気図を見ていたら、この先一週間も梅雨前線がウロウロしているよう。ペルー沖の海水温が上がっているらしく、もしかすると今年の夏はやってこないかも。夏空好きにとっては由々しき問題です。
[PR]

by blue_skyways | 2009-07-20 02:15

デジタルと銀塩で撮る青空

先週の日曜、伊丹空港に撮影に出かけてきました。ある場所でペンタで撮影している方を見かけ、これはもしや?と声をかけてみると、やはりK-7でした。実機を見るのは初めてで、ご好意に甘えてすこし触らせてもらいました。ファインダーがペンタックスSPのそれと似ていて、ざらっとした感じでピントの山がつかみやすく、見やすくて好印象でした。思ったよりずっとコンパクトにまとめられていて、自分の手にはすこし小さく感じましたが、マグネシウム合金による冷たさと塊感もあってなかなかいい感じでした。

・・・とそれはさておき。

先日から少しずつ検討に入っているデジタルへの移行ですが、個人的にどうしても譲れないのが青空の描写です。デジタルに移行してやめときゃよかった・・・とならないように、デジタルで撮る青空がどのくらいフィルムに近づけられるのか、少し検証してみました。

そんなことなら、フィルムで撮りつづければ?と言われそうですが、ばらけすぎた機材の整理をしたい(カメラバックがあまりに重すぎて肩が凝る。笑)し、そろそろデジタルならではのメリットも享受したく。

d0130493_0365949.jpg
PENTAX *istDS / DA16-45mm F4 ED
左上がjpeg撮って出しを縮小したものですが、ずいぶん黄色カブリしてます。ネットでいろいろ調べていると、このカメラは黄色カブリが強いようです。実際に右下の雲のトーンを測ってみると、(R,G,B)=(186,174,156)といった具合です。
(1)と(2)と(3)は、記憶とイメージに基づいてカラーバランスを修正し、レベル補正をかけたものです。それぞれ数時間おきに修正したものですが、その時々によって色調がかなりずれていることがわかります。

d0130493_037880.jpg
Canon EOS-1V HS / EF70-200mm F2.8L IS / Fujichrome RVP50
これは、上の写真と同じ時間帯にフィルムで撮影したカットです。これを見本として同じ色調になるように、カラーバランスをシャドウ、中間調、ハイライトでそれぞれ調整し、レベル補正をかけ、彩度を少し下げたのが下の写真です。

d0130493_0391122.jpg
調整すること10分。少しはフィルムの見本色に近づいたでしょうか。フィルムでそのときの空を押さえておき、それに近づくように調整することで、デジタルによる空の描写の問題はクリアできそうです。

このカラーバランスのシフト量をカメラに記憶しておいて、それで撮影するとすべてがフィルムの色調で撮れるのが理想ですが、現時点では恐らくまだそのレベルに達していないと思われます。どちらにしても、フィルムは中判で撮り続けるので、色の基準として活用していこうと思います。こんな方法で撮ってる(色調整をしている)というデジタル先輩諸氏のご意見がありましたら、ぜひ聞かせてください。

これで、いよいよK-7導入への地ならしは完了か!? 明日あたり、ビックカメラに見に行ってこようっと(笑)
[PR]

by blue_skyways | 2009-07-05 01:12

国道268号にて。

d0130493_2102836.jpg

2008.8.15 昨夜は阿蘇山麓で星を撮影していた。今日一日はゴロゴロするつもりだったが、目覚めると、あまりの気持ちのいい空に、居ても立ってもいられなくなり、一路鹿児島空港へ。
水俣から大口を抜け、溝辺へ向かう国道268号線を走っていると、かつて川内から鹿児島空港に向かうバスで見た風景と重なった。車を道端に止め、思わず写真を数枚撮る。あぁすばらしき南九州。

この後、向かった鹿児島空港で撮った写真をメインサイトで公開しています。今年の夏もこんなシーンに出会えますよう。
[PR]

by blue_skyways | 2009-07-04 02:31